1. TOP
  2. プログラミング
  3. 【無料】VPSでLet’s EncryptのSSL証明書の設定する(自動更新設定)

【無料】VPSでLet’s EncryptのSSL証明書の設定する(自動更新設定)

プログラミング
この記事は約 4 分で読めます。 287 Views

「Let’s Encrypt」は、アメリカの非営利団体ISRG (Internet Security Research Group) が運営しているサービスで、無料でSSL証明書を発行できます。
毎年数万円かかっていた証明書費用も無料で利用できるようになりました。
無料とは言っても、Xサーバーなど大手も利用しているため安心できるサービスです。

今回はその設定の仕方を書いていきます。

開発環境

apache
centOS6系

certbotをDL

まずcertbotをDLします

次に、certbotに移動し、設定します

スタンドアロンを使用します(後でwebrootに変更する方法も記述します)

対話式で設定が進んでいきます。
設定が完了したら、ssl.confの設定を行います

ssl.confの設定

ssl.confを以下のように設定

apacheの再起動

これで設定完了です。

URLにアクセスして見ましょう

SSl化されているはずです。

自動更新設定を行う

毎回3ヶ月ごとに手動でサーバーを止めて証明書を設定するのは面倒ですよね
サーバーを止めない、かつ自動で証明書を更新する方法もあります

スタンドアロンをwebrootに変更する

certbotに移動します

以下のコマンドを実行します

もし、ドメインが複数ある場合は二つ並べるだけです。

クーロンの設定

自動で更新されるようにクーロンの設定を行います。

centos7の場合

たったこれだけでSSL化できてしまします。

SSL化されていると信頼感も上がるのでぜひ学習しておきたい技術です。

制作のご依頼・ご相談はこちら

dainamoでは魅力的なWEBサイトや、アプリ、ツール、ポスター、パンフレット、チラシなど幅広く承っております。ご相談、見積もり、お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

今すぐご相談・問い合わせをする

\ SNSでシェアしよう! /

web制作・デザイン・システム開発・管理なら dainamo(ダイナモ)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

web制作・デザイン・システム開発・管理なら dainamo(ダイナモ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kz

kz

税金にも詳しいエンジニア

サーバーの構築からフロントエンド、iOSアプリの作成も行います。
WEBアプリや会員サービスの構築を得意としています。

制作物の一部を紹介
・海外旅行者向け事業者サービス
https://vacation-japan.com

・記憶術を使ったWEBアプリ会員サイト

その他、教育アプリetc..

この人が書いた記事  記事一覧

  • Apacheのバージョン情報を隠してセキュリティを向上させる

  • 文字コードとは一体何なのか?MacでCSVの文字コードをUTF-8に変換する

  • 教師ありの機械学習(AI)プログラムを使用して、与えられた文章が何の言語なのか判定する

  • Linuxのプロンプトの色をユーザーによって切り分ける

関連記事

  • phpMyAdminの簡単にできるセキュリティ対策【Apache】

  • ボタンの2重クリックや連打を防止するJavaScript

  • VPSサーバーの構築 第4回 CentOS7 apache MariaDB PHP7 2018

  • Linuxのプロンプトの色をユーザーによって切り分ける

  • 教師ありの機械学習(AI)プログラムを使用して、与えられた文章が何の言語なのか判定する

  • 【初心者web系エンジニア必見】スクールのメリットとおすすめスクールまとめ(初心者がWeb系エンジニアとして働くために大事なこと2)