1. TOP
  2. プログラミング
  3. Stripeで決済ができない場合の対処と方法【SSL化とTLS1.2】

Stripeで決済ができない場合の対処と方法【SSL化とTLS1.2】

プログラミング
この記事は約 3 分で読めます。 864 Views

Stripeとは

Stripeはオンライン決済サービスの一つで今人気急上昇しています。

paypalと並ぶほどの利用者の多さで、最近ではJCBとも連携ができるようになりさらに便利になりました。

手数料は決済時に約3%かかるのみで、月額費用もかかりません。

また導入方法も簡単で、スマホアプリもあり、管理画面も見やすく大変便利です。

今回はその導入において、ハマったことがありましたので書いて行こうと思います。

StripeはTLS1.0が非推奨になりました

StripeではTLS1.0が非推奨になり、TLS1.2未満だとテスト、本番ともに決済が反映されません。

処理に問題がない場合この可能性が高いです。

VPSなどのサーバーの初期設定では、何も指定していない場合にはTLS1.0を使用するようになっているものもあります。

その場合にはTLS1.2で通信させるようにする必要があります。

TLS1.2で通信させる方法

cURLとOpenSSLパッケージをアップグレードをする

TLS 1.2がデフォルトで使用されるように、cURLとOpenSSLパッケージをアップグレードします。

カールのバージョンについてはTLS1.2対応のバージョンにしました。

【curl-7.56.1.tar.bz2】

適宜最新のものを使用してください。

バージョンの確認をします。

表示されたバージョンがTLS1.2に対応しているかどうか調べてください。

対応していなければ、次に進めて行くようにバージョンアップして、そうでなければ他の原因を探しましょう。

cURLのダウンロードと解凍をします。

インストールをします

再度、正しくバージョンアップされているかどうか確認します

バージョンが正しくアップデートされていれば、
Stripeの管理画面で決済がされているかを確認しましょう

Stripeは今後も随時アップデートされて行くと思いますので、便利で必須なサービスになるでしょう。

ぜひ導入してみて下さい

制作のご依頼・ご相談はこちら

dainamoでは魅力的なWEBサイトや、アプリ、ツール、ポスター、パンフレット、チラシなど幅広く承っております。ご相談、見積もり、お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

今すぐご相談・問い合わせをする

\ SNSでシェアしよう! /

web制作・デザイン・システム開発・管理なら dainamo(ダイナモ)の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

web制作・デザイン・システム開発・管理なら dainamo(ダイナモ)の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

kz

kz

税金にも詳しいエンジニア

サーバーの構築からフロントエンド、iOSアプリの作成も行います。
WEBアプリや会員サービスの構築を得意としています。

制作物の一部を紹介
・海外旅行者向け事業者サービス
https://vacation-japan.com

・記憶術を使ったWEBアプリ会員サイト

その他、教育アプリetc..

この人が書いた記事  記事一覧

  • Apacheのバージョン情報を隠してセキュリティを向上させる

  • 文字コードとは一体何なのか?MacでCSVの文字コードをUTF-8に変換する

  • 教師ありの機械学習(AI)プログラムを使用して、与えられた文章が何の言語なのか判定する

  • Linuxのプロンプトの色をユーザーによって切り分ける

関連記事

  • VPSサーバーの構築 第6回 CentOS7 apache MariaDB PHP7 2018

  • WordPressを簡単にhttps化するReally Simple SSLプラグインの使い方

  • 【初心者web系エンジニア必見】挫折しない為のポイントとおすすめ学習サービスまとめ(初心者がWeb系エンジニアとして働くために大事なこと1)

  • VPSサーバーの構築 第1回 CentOS7 apache MariaDB PHP7 2018

  • ボタンの2重クリックや連打を防止するJavaScript

  • VPSサーバーの構築 第4回 CentOS7 apache MariaDB PHP7 2018